債務整理は自分でできるのか?

理屈からいえば、債務整理は自分ですることができます。
しかし現実的に考えてみると、債務整理は自分でやるべきではないと思います。
弁護士や行政書士に相談→委託
これが結局は一番の近道です。
例えば債務整理の1つ「任意整理」をする場合、債務者(本人)と債権者(貸金業者)が交渉することになります。
「債務者(本人)が借金額の減額を依頼する???」…これ自体、おかしな話だと思うのです。
普通は第三者(弁護士/行政書士)を通して債権者と話し合うからこそ、減額交渉も上手くいくのです。
さらにいえば自分が任意整理をした場合、借金返済がすぐにストップするわけではありません。
つまり、すぐに取り立てられなくなるわけではないのです。
弁護士に委託することによって、それが可能になるのです。
自己破産の場合でも弁護士に相談するのが一番です。

自己破産だけでなく、任意整理、個人再生など債務整理には多様な手段があります。

超簡単!血行促進

血行促進は、健康だけでなくダイエットにも効果があります。
血行促進と聞くと難しく感じるかもしれません。
ですが意外にもとても簡単なストレッチやマッサージで血行を改善することが出来るのです。
例えば、壁に両手をつきます。
足は肩幅くらいに開きましょう。
あとはしっかり腕と背筋を伸ばして、上半身を床と平行になるよう倒してください。
足、腰、おしりなどグーンと伸ばして気持ち良いですね。
このストレッチで超お手軽に血行促進ができます。気負わず、ふと思い出した時に行ってみてください。

ムダ毛のよもやま話~すね毛タイツ~

中国で開発されているムダ毛に関する商品について…。
みなさんは、「すね毛タイツ」という名称を聞いたことがあるでしょうか。
通常、タイツといえば女性の脚をさらに美しく見せる商品です。
しかし「すね毛タイツ」は、女性の脚を汚く見せる商品なのです。
事実、女性がボウボウのすね毛を生やしていれば、あまり品の良さを感じないと思います。
すね毛タイツ…実はそれが狙いなのです。
男性がその脚を見て幻滅し、痴漢行為をする気持ちが失せるということだそうです。
今はまだ市販されていませんが、着々と開発進行されている「すね毛タイツ」…。
もちろん日本に上陸するかどうかはわかりませんが、もし上陸すれば痴漢撃退以外の面白グッズとして人気を博するかもしれません。

夏に間に合う脱毛

夏は、肌の露出が多くなる季節です。
同時に、ムダ毛も気になります。
気にしないという人もいるかもしれませんが、マナーとして脱毛処理をした方が周りへの印象もいいでしょう。
夏に合わせて脱毛を始めるには、早いにこしたことはありません。
とはいえ、1ヶ月か2ヶ月でできるものではありませんから、早くから準備することです。
つまり、春に脱毛を始めたら、2年後の夏には間に合うということです。
きっちり脱毛をしたいのであれば、エステなどで無料カウンセリングのあと、計画的に脱毛していくことです。
この時期、様々なサロンが競うようにキャンペーンを打っているのでこれを利用しない手はありません。

手抜きムダ毛処理の罠

ウィンタースポーツを好む人の中には、毎年春スキーまできっちり楽しむ派!という元気な方もいることでしょう。
ウィンタースポーツは、基本的に気温がマイナスに近い状態だったり、時には激しく吹雪く中でするもの。
がっちりウェアを着込まなければ楽しむことができません。
逆に春スキーは、陽射しが強い日は半袖で滑る方が快適なこともあります。
3月下旬ともなると、午前中着ていたウェアを午後には脱いで半袖で滑るというシチュエーションもしばしばあります。
普段からムダ毛処理をしていないと、うっかり半袖になったとき、両腕にモサモサ生えているムダ毛に悲鳴を上げることになります。
街ではまだまだコートが必要な時期ですが、春山に出かける人は要注意。
しっかりとムダ毛のケアをして出かけましょう。

借金しよう。。その前に!

お金は天下の回り物とは言いますが、中々自分には回ってこないと悩まれている方も多いのではないでしょうか?
いっそうの事、全財産で宝くじを買って一攫千金でも狙うか!などと言った話題はたまに冗談として話す人もいるでしょう。
しかし、中にはどうしても借金をしなければ厳しいという方もいるはずです。
そんな時には金融機関などで借金をする前に1つだけ考えて欲しい内容があります。
「本当にそれは借金をしないと無理なのか?」です。
これは親、兄弟、知人などに借金をする際も考えてみる必要があります。
いつもの事だから・・ではなくあなた自身で解決出来なくなっている理由を改めて整理する必要があります。

引越し前の掃除術

引越しの準備と同時に家中の掃除をしておくと、時間に追われる引越し当日は、ほうきで掃くなどの軽い掃除をするだけで家を出ることができます。
台所の換気扇は、油汚れが落としにくいと思うかもしれませんが、洗剤をかけて数分おき、浮いた汚れをふき取ったあと、水洗いをするだけなので簡単です。
浴室は、入浴後に水をかけて温度を下げたり、換気をすることでカビの発生を防ぐことができますし、排水口の周辺は、こまめに洗剤をかけて除菌することでぬめりを防ぐことができるので、引越し当日まで清潔な状態を保つことができます。
家中の掃除を1日ですると疲れてしまうので、引越し当日まで体力を温存させるためには、毎日少しずつ進めることが大切です。

意外と見落としがちなムダ毛箇所

夏場になり衣類なども露出する季節になると気になるのが、ムダ毛の存在。
ミニスカートや短パンをはくのであればスネや太ももが気になりますし、半そでやタンクトップを着るのであれば脇部分や腕のムダ毛が気になりますよね。
水着となればあらゆる箇所が気になるでしょう。
しかし、意外と人が見落としがちな部分があるというのはご存知でしょうか?
それは「自分には見えていない箇所」です。
自分に見えていない箇所は案外軽視しがちもしくは気づかない人も多いでしょうが、他者からすればあなたが気にしている部分同様同じように見えています。

家庭用脱毛器のコスパ

脱毛を真剣に考えてる人は、いろんな脱毛情報を集めていると思います。。
そうした中で注目を集めているのが「家庭用脱毛器」と「脱毛サロン」の存在です。
この二つ、どちらが優れているのか?
この点は皆が気になるでしょうが、一概には言えません。
しかし、一つの基準として気になるのがコスト面です。
コスト自体もそうですが、やはり長く続ける場合、コストパフォーマンス、いわゆるコスパも考えておく必要があります。
家庭用脱毛器を購入して自分でコツコツやる手間を考えるなら、脱毛サロンに行ったほうが割りが良いのではないか?と思われがちです。
しかし、目先だけの価格ではなく、長い目で見た価格や複数で利用できると言った点から見ると家庭用脱毛器がおすすめです。
家庭用脱毛器は使いたいときに使いたいタイミングで使えるのが嬉しいですね。

毛抜きのトラブルは多い

最も簡単な脱毛法とその問題点を説明します。
○毛抜き
1本ずつ毛を抜いていく、昔からの方法です。
手間が掛かるだけだなく、お肌のトラブルも多いです。
皮膚が硬くなったり、赤みが出たり、シミになることも多いです。
○テープを皮膚に貼りはがす
1度にたくさん抜けますが、お肌に負担が掛かります。
はがすときに、角質もはぎとるので、あとで痛くなったり、表面がざらざらになります。
最も確実なのがやはりプロによる脱毛です。こちらは脱毛サロンとしての実績で定評があります。